事業案内

技術力エネルギープラント事業部

下地処理技術

鋼構造物塗装やプラント塗装は、その立地環境の厳しさ(臨海地域・薬品使用等)から重防食塗装を施すのが一般的です。製品(被塗面)の保護の観点から塗膜の密着や錆の発生を抑制するためには、下地処理工程は必要不可欠 です。
当社では、良好な下地形成のために様々な下地処理技術を有しています。

1)サンドブラスト

  • 鉄骨

    鉄骨

  • 橋桁

    橋桁

  • タンク内面

    タンク内面

  • タンク外面

    タンク外面

  • 施工前

    施工前

  • arrow_grn
  • 施工後

    施工後

2)ダイヤモンド研磨機による塗膜剥離

  • bimage074

重防食技術

日本国土は、海に囲まれ海塩粒子が飛来する塩害の厳しい環境にあります。海洋構造物などの臨海地域では、重防食技術による超寿命化が必要不可欠となります。水・油・薬品タンク等の内面では、耐水・耐油・耐薬品性が要求され、 卓越した経験と技術力で用途にあったさまざまな重防食技術で施工しております。

1)ガラスフレークライニング

  • ガラスフレークライニング
  • ガラスフレークライニング
  • ガラスフレークライニング
  • ガラスフレークライニング

2)エポキシ樹脂ライニング

  • エポキシ樹脂ライニング
  • エポキシ樹脂ライニング

3)防食ライニング

  • 防食ライニング施工後

    施工前

  • arrow_grn
  • 防食ライニング施工後

    施工後

  • 防食ライニング施工前

    施工前

  • arrow_grn
  • 防食ライニング施工後

    施工後

4)防食テープ施工

  • 防食テープ施工
  • 防食テープ施工
  • 防食テープ施工

常温金属溶射

近年、過酷な環境条件下で超長期間、被塗物を保護することが可能な重防食技術として、常温金属溶射工法が採用されています。
常温金属溶射とは、常温アーク溶接機を用いて素地の温度をほとんど上昇させる事無く溶融した亜鉛とアルミニウムの微粒子を吹き付けて、Zn・Al擬合金皮膜を形成する重防食で、密着性を向上させる粗面形成材を適用する溶射ガンによる吹付け施工です。培った経験とノウハウで鋼構造物の耐久性延長を担っております。

  • プラスト

    プラスト

  • 常温金属溶射

    常温金属溶射

  • 下塗り

    下塗り

  • 上塗り

    上塗り

品質管理技術

ISO9001:2008を取得し、塗膜の膜厚測定や塩分測定、含水率測定、ピンホール探知など、施工管理の中でも品質管理には特にウエイトをおき、より良い品質を確保出来るシステムを構築しております。

  • Wet膜厚測定

    Wet膜厚測定

  • 塗膜厚測定

    塗膜厚測定

  • PH測定

    PH測定

  • ピンホール探知

    ピンホール探知

仮設足場技術

大型の鋼構造物やプラント設備の塗装には様々な形状の物が存在し、仮設足場は必要不可欠となります。
足場を仮設する際の安全作業とコスト削減を豊富な経験から作業環境に適した足場を考案採用する事により、より良い作業環境作りを追求しております。

1)鉄塔支持型集合煙突パネル吊り足場

  • 鉄塔支持型集合煙突パネル吊り足場
  • 鉄塔支持型集合煙突パネル吊り足場
  • 鉄塔支持型集合煙突パネル吊り足場
  • 鉄塔支持型集合煙突パネル吊り足場

2)球形タンク用特殊足場

  • 球形タンク用特殊足場

3)球形タンク用特殊回転足場

  • 球形タンク用特殊回転足場
  • 球形タンク用特殊回転足場

4)高速道路橋パネル足場

  • 高速道路橋パネル足場
  • 高速道路橋パネル足場
  • 高速道路橋パネル足場

[お問い合わせ]

エネルギープラント事業本部 Tel:03-3445-0061(担当:山本・浅沼)
Fax:03-3445-0069
Email:enepratosobu@nakamura-p.co.jp