事業案内

燐酸塩処理施設袖ヶ浦工場

燐酸塩処理工程

rinsan

燐酸塩処理は塗装前の化学的処理であり、燐酸塩の化成皮膜を付け、防食性を向上させると共に塗装の付着性も向上させます。
主にタンク、パイプ及び薄板製品に対して適用します。その工程概要は次の通りです。

工程1脱脂処理
処理薬品 : アルカリ 70℃〜80℃/濃度5%〜10%/時間10分〜30分
工程2水洗
常温1分〜2分
工程3除錆
薬品処理 : 塩酸 常温/濃度15%〜25%/時間10〜30分
工程4水洗
常温1〜2分
工程5水洗
常温1〜2分
工程6表面調整
処理薬品:蓚酸 常温/濃度1〜2%/時間1〜5分
工程7水洗
常温1〜2分
工程8燐酸塩処理
処理薬品:亜鉛マンガン系70〜80℃/濃度7〜9%/時間20〜30分
工程9湯洗
80〜90℃/時間1〜2分

燐酸塩処理施設

施工事例

燐酸塩処理施設は10tクレーンを2基有しており長尺製品にもスムースに対応しております。また小口製品にも専用のステンレス製カゴを大小3種類ご用意して柔軟に対応出来るよう設備を整えております。

  • 長尺配管を燐酸塩処理します。 L:11.5m×W:1.5m×Φ:0.9m

    さまざまな異形種にも対応しております。

  • 例1)L:9.8m×W:1.4m×Φ:1.1m

  • 例2)L:4.0m×W:2.5m×Φ:1.4m

  • 例3)L:8.5m×W:2.8m×H:2.2m

長尺物に附属する製品も同時に処理可能です。

  • 例)L:10m×W:1.5m×Φ:1.3m

※上記製品以外でも丸長・角長・箱型・箱長・薄厚他各種タイプもご相談下さい。

[お問い合わせ]

袖ヶ浦工場 Tel:0438-63-8800(担当:田辺)
Fax:0438-63-8809
Email:sodegaura@nakamura-p.co.jp